素人だから分かる
お菓子作りのコツ教えます
本を見るだけではケーキは作れない!本に書かれないコツ満載!
お菓子の作り方

お菓子はオーブンの性能によって加熱時間を変えてる?本の通りは失敗の元!

クッキー

あなたがお菓子を作ったときこんなことはなかったでしょうか?

女性
女性
本の時間通り焼いたのに焦げた…

または、生焼けだったなど。

これはオーブンの性能によります。

この記事で分かること

・オーブンによって焼き加減は変わる

・焼き加減の確認の仕方

・新しいオーブンで最初に作るべきお菓子

・こまめな確認が大切

オーブンによって焼き加減は変わる

例えばクッキーの作り方の本に「180度のオーブンで15分焼く」と書いてあったとして、その通り焼いても、ほどよく焼けずに焦げたり、または焼き色も全くつかず真っ白ということがあります。

これは、オーブンの性能を把握できていないことが原因です。

決してレシピが悪いのではなく、オーブンの機種によって火が強かったり弱かったりするので焼き時間が変わってしまうのです。

オーブンは、何度かお菓子を作ってみて、性能を把握する必要があります。

1回作ってみたものは、これくらいの焼き時間でOKと分かってくるはずなので、メモなどとっておきましょう。

焼き加減の確認の仕方

性能を把握するとは言っても、オーブンを使い始めた最初はまだ分かっていないので、お菓子にしっかり火が通っているのか、その都度確認しなくてはなりません。

お菓子に火が通っているかどうかは、下記の通り確認ください。

クッキー ほどよい焼き色がついている
ケーキ類 竹串を刺して生地がくっついてこない
プリン 表面がぷるぷるしていて触ると弾力がある

最初は、レシピの焼き時間が終わるのを待たず、早めに焼けているかどうか確認しましょう。

まずはオーブンを開ける前に色を確認して、大丈夫そうな焼き色がついていたらオーブンを開けて、ケーキなら竹串を刺し、プリンならちょっと揺らしてみます。

最初はクッキーがいいよ

ちなみにその焼き時間を確認する時に作るお菓子は、シュークリームは避けましょう。

シュークリームは、焼き上がってすぐオーブンを開けると失敗に繋がるので、最初に作るお菓子として向いていません。

シュークリームはオーブンの取り扱いになれてからにしてください。

また、私が最初に作るお菓子としてオススメするのはクッキーです。

焼き加減の確認がしやすいので。

クッキーを焼くときに本の通りの時間で焼くと焼きすぎになるようでしたら、そのオーブンは火力が強いかもしれません。

他のケーキなどを作るときも、このオーブンは火力が強いから要注意だな、と警戒しておくことが出来ます。

ガスオーブンは強め

私が実家でケーキを作るとき、使っていたのはガスオーブンでした。

ガスは火力強めなので、大分焼き時間が短めでした。

今はシャープのオーブンレンジ(RE-SS10D)なのですが、ガス並みに火力が強くて扱いやすいです。

予熱時間もあっという間です。

火力をしっかり把握しておくことは、お菓子作りするには重要なことになります。

まぁ基本的には「焼き時間をタイマーでセットしたから終わるまで見ない」ではなく、途中でこまめに確認することですね。

オーブンの性能まとめ

オーブンで初めてお菓子を作るときは

・何度かお菓子を作ってみて火力を確認

・最初作るのはクッキーがいい

・火力を把握することはお菓子作りには大事

ということが分かりました。

1回失敗したとしてもめげずに何度もやっていくと上達していくと思います。

あなたが楽しくお菓子作りを続けられますように。

この記事で使った道具

うちのオーブンは型落ちしてるので、後継機の中で最新らしいものを貼っておきますね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ