素人だから分かる
お菓子作りのコツ教えます
本を見るだけではケーキは作れない!本に書かれないコツ満載!
お菓子の作り方

オーブンは面倒という方はヨーグルトゼリーのケーキはどうですか?

ヨーグルトゼリー材料

これまで焼き菓子のレシピを紹介してきましたが、あなたは作ってみましたか?

お菓子作りと言えば焼き菓子かな、と思うのでまずは焼き菓子から書いてみたのですが、そうは言っても結構大変だから簡単には作れないという方も多いのではないかと思います。

オーブンを使うお菓子は、やはり時間がかかるし手順も面倒です。

なかなか作る気になれない気持ち、よく分かります。

今日はそんな方のために、オーブンを使わないゼラチンケーキの紹介をしようと思います。

固まるまでは時間が必要ですが、材料さえあれば、あっという間に冷蔵庫の中です。

子供が寝ている間に作っても、ハンドミキサーの大きな音はしないし、すぐに手が空くので「途中で起きたらどうしよう」などもありません。

ぜひ作ってみてください。

この記事で分かること

・ゼラチンの扱い方

・牛乳をあたためるときの注意

・簡単に作れるヨーグルトケーキのレシピ

ヨーグルトゼリーを作るときの注意点

ヨーグルトゼリー材料

ゼラチンはふやかす

ゼラチンは粉ゼラチンを使います。

ふやかさないでいいと書かれているゼラチンは多いですが、個人的にはふやかした方が溶けやすいように思います。

ふやかすときは、深めの器に水を入れて、ゼラチンを振り入れた後に混ぜます。

ゼラチンを先に器に入れて水をあとから入れると失敗るので、絶対に水を先に入れてゼラチンは振り入れてください。

振り入れたらすぐ混ぜます。すぐでないと固まります。

牛乳をあたためる

お菓子作りではよく出てくる「牛乳をあたためる」という手順。

あたためるときは小鍋に入れて火にかけることが多いですが、このときは絶対に沸騰させてはいけません

沸騰直前で止める、のが基本です。

牛乳は沸騰すると風味が落ちるのと、表面が固まって膜が出来てしまうからです。

どのお菓子でもこれは守ってください。

温めた牛乳

とはいえ、うっかり沸騰させてしまった! ということはあると思います。

そういうときは

マージ
マージ
まあ気にしないで続けよう

という感じであきらめましょう。

ぶっちゃけ私は風味の違いとか分からないです。

プロでないならそんなに気にしないでいいです。膜も無視。

ヨーグルトゼリーのケーキレシピ

注意点を踏まえて、ヨーグルトゼリーのケーキの作り方を見ていきましょう。

材料 18センチ耐熱ガラス型

プレーンヨーグルト 250cc
生クリーム 200cc
牛乳 200cc
砂糖 80g
ゼラチン 10g
大さじ4

ヨーグルトゼリーのケーキ 作り方

1.ゼラチンを水大さじ4に振り入れてふやかす

2.生クリームと牛乳を小鍋に入れてあたため、沸騰直前で火を止める

3.ふやかしたゼラチンを2に入れ、混ぜて溶かす

4.ヨーグルトを入れてかたまりがなくなるまで混ぜる

5.万能こし器を通して耐熱ガラス型に流し入れる

6.冷蔵庫に入れて冷やす

ヨーグルトゼリーのケーキまとめ

ヨーグルトゼリーケーキ

食べるときは、型から外さずにスプーンですくって取り分けてもいいし、外してカットしてもいいです。

型から外すときは、型ごとお湯につけて周りを少しだけ溶かしてから外すとやりやすいです。

あたためすぎには気をつけてください。

ジャムを水で溶かしてかけるとおいしいですよ。

ヨーグルトケーキ

なお、今回は大きな型で作りましたが、プリン型のような小さい型に流し入れても大丈夫です。

 

あなたが楽しくお菓子作りを続けられますように。

この記事で使った道具