素人でも失敗なくお菓子を作れる
ようになるブログ
お菓子の作り方

直径18センチケーキ型(6号)でのプリンの作り方!バケツプリンみたい!

プリン好きなら一度はバケツプリンに憧れるのではないでしょうか。

私も子供の頃プリンが大好きで、プリンをいっぱい食べたいと思って、親兄弟が誰もいないときに普通のプリン型のプリンを作って、好きなだけ食べたことがありました。

今、成長した私は、プリンを作るときは毎度18センチのケーキ型で大きなプリンを作るのが好きな人間になりました。

今日は、皆様にも18センチの巨大プリンを作れるようになっていただきたく、この記事をお届けします。

この記事で分かること

・直径18センチ(6号)のカスタードプリンの作り方

・プリンを作る注意点

直径18センチの耐熱ガラス型でのプリンの作り方

耐熱ガラス型の方が、横から中身が見えるので焼き加減の確認がしやすいです。

焼きすぎると、ガラス越しに見える側面が泡みたいなつぶつぶだらけになります(「すが立つ」と言います)

少しくらいなら泡ができても問題はないのですが、できすぎると食感が悪くなるので確認しながら焼いてください。

直径18センチ 大きいプリンの材料

カラメルソース
砂糖 80g
大さじ1と1/2
熱湯 40ml
プリン生地
牛乳 660ml
砂糖 130g
5個
卵黄 3個分

大きいプリン 作り方

1.鍋にカラメルソース用の砂糖と水を火にかけ、煮詰める。

2.好みのカラメル色になったら火を止め、熱湯を注いで混ぜ、型に流し入れる

キャラメル

3.鍋にプリン生地用の牛乳、砂糖を加え、火にかける。沸騰させずに砂糖が完全に溶けるまであたためる

4.ボウルに卵と卵黄を入れ、泡立て器でコシを切るように混ぜる

5.3を4のボウルに加えて混ぜる

たまご

6.万能こし器を通して2のカラメルの入った型に流し入れる

7.表面に浮いている泡はライター(チャッカマンのようなタイプ)の火であぶって消す

プリン

8.天板に乗せ、160度に温めたオーブンに入れ、天板に熱湯を深さ2センチくらいまで注ぐ

9.160度のオーブンで20分湯せん焼きし、さらに150度に下げて30分焼く(お湯がなくなりそうなら足す)

10.表面に弾力があるか触ってみて、あれば焼けているので取り出してそのまま粗熱を取る。焼けていなければ追加で焼く

11.粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、充分に冷やす

プリン

12.型から抜き、好みの大きさにカットする

カスタードプリン 注意点

プリン

カラメルの色はお好みで。私は結構しっかり茶色くするので、ちょっと苦みがあります。

カラメルに熱湯を入れるときは、はねるので十分注意してください。

一気に入れて、すぐに手を引っ込めるのが一番ダメージ少ないのでビビらずにいきましょう。

卵のコシの切り方は、泡立て器の先をボウルにつけたまま、一の文字を書くように左右に動かします。

天板にお湯を入れるときは、お湯を張ってから天板をオーブンに入れると、お湯が入っていて持ちづらいです。

先に天板を入れ、型を入れ、天板を3分の1くらい手前に引き出した状態(落ちないくらい)にしてからお湯を張ってください。

焼き時間は、オーブンの性能によって大きく変わってくるので、何度か試してちょうどいい時間を探ってください。

この記事で使った道具

 

直径18センチのプリン まとめ

プリン

見た目にもインパクトがあり、満足感のあるプリンが出来上がります。

一人で食べるチャレンジをしてみるのもいいかもしれないですねw

ちなみに私は、子供のころ一人でプリンを食べる挑戦をしたときは、普通のプリン型のプリンで3個しか食べられませんでした。

意外と食べられないものなんですね…。

この18センチプリンは、色んな人に食べさせましたが、大体みんな大喜びです。

ぜひ作ってみてください。

 

お菓子の型の紹介をしています。持ってない方は要チェック。

ケーキ型
お菓子作り初心者は道具を何から揃えればいい?おすすめケーキ型やプリン型ケーキ作りを始めたいけど型も何もない。という方へケーキ型、プリン型の紹介をします。...

お菓子作りに便利な道具を紹介しています。

初心者道具
お菓子作り初心者にはどんな道具が必要?おすすめのハンドミキサーなどお菓子作りには、はかり、粉ふるい、パレットナイフなど必要なものがいっぱいあります。おすすめグッズを紹介します。...

 

あなたが楽しくお菓子作りを続けられますように。

この記事を読んだ方におすすめ

 

 



実はこれケーキです。人気の「駅前食堂シリーズ」そっくりケーキを販売中。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
ABOUT ME
マージ
お菓子は独学の完全なる素人。素人ゆえに「お菓子作りの本って分かりづらすぎ!!」と思い、ブログを作ることにした。今の夢は「娘もお菓子作りが好きな子にしたい」