素人でも失敗なくお菓子を作れる
ようになるブログ
お菓子の作り方

ケーキを作るときのちょっとした疑問「卵が小さいときはどうすれば?」

ケーキ

ケーキを作るとき、卵の大きさがあまりにも違うとき、生クリームをチョコ生クリームにしたいと思うとき、イチゴの大きさが色々だったり、ということがありますよね。

そういうとき、どういう対処をすればいいか、というコツをちょっと書いてみたいと思います。

この記事で分かること

・卵が小さすぎるときの対処

・生クリームをチョコ味にしたいときの対処

・イチゴは大きさによって切り方を変える

スポンジケーキの作り方は別記事で

誕生日ケーキ

スポンジケーキの作り方のコツはこちらの記事参照です。

のの字
手作りスポンジケーキ絶対失敗しないコツ!21センチ型(7号)のレシピスポンジケーキの作り方、手取り足取り教えます。よく膨らんだスポンジを見るのは楽しいですよ!失敗しないでスポンジケーキを作れるひとになりましょう!...

スポンジケーキ作りで卵が小さめのとき

材料

この写真、材料を量ってみたところですが、卵の黄身が2個は大きく3個は小さくなっています。

上記のリンク先で紹介しているスポンジケーキレシピでは卵は5個と紹介していますが、この卵の大きさだと少なめになりそうと思い、この後もう1個小さい卵を追加しました。

卵の大きさは重要なポイントなので、小さめと思ったら1個追加してみてください。

感覚的な部分になってしまうので、勇気がいると思います。

場数を踏まないと難しいですが、何度もやってみるとこれくらいだったら足した方がいいかもが分かってきます。

卵の量で失敗したとしても、食べられないものにはならないので、失敗を恐れずにやってみてほしいと思います。

個人的に、卵は少し多めの方がうまくいく気がしています。

焼き上がったケーキ

焼き上がり

焼き上がりはこんな感じ。これを型ごと落とします。

落とした

ちょっとだけ表面がへこみましたが、問題なく焼けています。

型から外す

型から外しました。爪楊枝と同じくらいの高さになっています。

よく膨らんでいます。卵の量を変えて成功です。

チョコ生クリームにするとき

デコ準備

スポンジを5~6時間しっかり冷まし、デコレーションを始めます。

イチゴを切り、スポンジを横半分にスライス、生クリームを泡立てました。

今回はチョコ生クリームにします。

チョコ生クリームにするには、

・生クリーム50ccくらいを鍋であたためる

・そこに刻んだチョコ50gを入れて溶かす

・やわらかめに泡立てた生クリームの中に入れる

という手順でやれば、チョコレートが固まりません。

イチゴの切り方

イチゴ

半分にスライスしたスポンジケーキにシロップを塗って、生クリームを塗った後にイチゴを並べます。

イチゴは今回小さめのものだったので、中に挟むイチゴは半割で使っています。

イチゴの大きさによって切り方は変えてみましょう。

3枚にスライスした方がいいとき、もっと大きければ4枚にスライスした方がいいときもあります。

大きいイチゴだと1パックの個数が少なくなるということなので、中に大量に使いすぎると表面に飾るものが足りなくなるからです。

また、中に挟むイチゴが大きすぎるとバランスが悪くなるので、切ったときに崩れやすくなります。

イチゴを並べたら、イチゴのすきまの穴を埋めるようにもう一度生クリームを塗り、もう半分のスポンジを乗せます。

上部と側面に生クリームを塗って、上部をイチゴと絞り出し袋に入れた生クリームで飾り付けてできあがりです。

デコレーションの仕方はこちらの記事で紹介しています。

半割イチゴ
イチゴケーキのデコレーションのコツ!イチゴ以外のフルーツでも!レシピ本では詳しく書いてないことが多い、ケーキのデコレーションのやり方を詳しく解説します。...

臨機応変が必要なことも

お菓子作りは、基本に忠実にやらなくてはならないのですが、時々こういう臨機応変に対処しなければならないこともあります。

こういうときはこう! みたいなのは、やはり場数を踏まなければ難しいところもあります。

お菓子作りは何年やってても、失敗するときはしますので、思い切りよくチャレンジしていってほしいです。

 

あなたが楽しくお菓子作りを続けられますように。

 

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ
ABOUT ME
マージ
お菓子は独学の完全なる素人。素人ゆえに「お菓子作りの本って分かりづらすぎ!!」と思い、ブログを作ることにした。今の夢は「娘もお菓子作りが好きな子にしたい」