ベイクドチーズケーキ21cm型(7号)の作り方!生クリームなし!

色々な記事を書きましたが、王道のベイクドチーズケーキのレシピを書いてないことに気づきました。

大きな型(21cm型)で作るベイクドチーズケーキのレシピをご紹介したいと思います。

シンプルで素朴なチーズケーキは、甘いケーキが苦手という人にもおすすめです。

この記事で分かること

  • ベイクドチーズケーキの意味とは?
  • ベイクドチーズケーキのレシピ
  • 生クリームなしでOK
  • 底取れ型でなくてもいいの?

ベイクドチーズケーキ

チーズケーキ

ベイクドチーズケーキの意味は、名前の通りbaked=オーブンで焼いたという意味です。

逆に焼いてないチーズケーキは「レアチーズケーキ」になります。

ただ、レアチーズケーキは和製英語だそうです。英語ではrareは「珍しい」という意味になってしまいます。

英語でレアチーズケーキを表すには「no-bake cheesecake」が正しいそうです。

なんて話をしましたが、今日のテーマはオーブンで焼く方です。

21センチベイクドチーズケーキ作り方

大きい型でのレシピは、ネットでもあまり見かけないと思います。

「大人数で食べたい」「たっぷり食べたい」というあなたは作ってみて下さいね。

材料

クリームチーズ350g
グラニュー糖120g
卵黄3個分
牛乳120cc
レモン汁大さじ2
コーンスターチ大さじ3
バニラエッセンス少々
リッツ(お好みで他のビスケットでも)70g
無塩バター40

作り方

準備

  • クリームチーズは室温に戻して柔らかくしておく(急ぎならレンジで20~30秒)
  • 型にバターを塗って底にクッキングシートを貼り付ける
  • リッツを袋に入れて刻んで、溶かしバターを混ぜて底のクッキングシートの上に敷く

作り方

  1. クリームチーズを木べらで練って柔らかくし、グラニュー糖、バニラエッセンスを加えて泡立て器で混ぜる
  2. 卵黄と少しあたためた牛乳を加える
  3. コーンスターチとレモン汁を加える
  4. リッツを敷いた型に流し込む
  5. 170度のオーブンで1時間焼く
  6. 型のまま粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やし、しっかり冷えてから型から外す

生クリームはなしで

作ろうと思ったときにすぐ作れたらいいなぁと思い、生クリームなしのレシピにしました。

生クリームを使いたいようでしたら、牛乳を生クリームに変えて下さい。

また、生クリームよりもコーンスターチの方がねぇよ! と思う方は、片栗粉でお試し下さい。

粗熱を取るってどれくらい?

どれくらいまで冷めたら冷蔵庫に入れるの? ですが、この辺は特に決まりはないので、手でさわれるようになったら入れても大丈夫です。

あんまり熱いと冷蔵庫に入れたくないと思うので、さわれるくらいになったら入れましょう。

型の外し方

私はいつも、底取れではないケーキ型(共底といいます)を使っています。

共底の型で作ったときの外し方は、しっかり冷蔵庫で冷やして固くなるのを待ってから、

  1. パレットナイフで外周を外す
  2. クッキングペーパーを型の上に乗せる
  3. クッキングペーパーを押さえて型ごとひっくり返す
  4. 型を外して底の紙をはがす
  5. お皿を裏返して乗せる
  6. クッキングペーパーを押さえながら皿とケーキをひっくり返す
  7. クッキングペーパーを外す

    逆さにして取り出す前に、パレットナイフを側面に差し込んで一周するのを忘れずに。

    21cm型で作るベイクドチーズケーキまとめ

    ほんとシンプルな王道チーズケーキになっております。

    大きい型だと食べ応えがあるので、ぜひ作ってみていただけたらと思います。

    レアチーズケーキのレシピもありますのでどうぞ。

    型から揃えたい人への記事です。

    道具も何もない型への記事です。

    あなたが楽しくお菓子作りを続けられますように。

    にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

    関連記事

    TOP